心スッキリ解決例Example
2021.06.01

<つい喧嘩して思ってもないひどいことを言ってしまう> みゆきさん23歳

つい喧嘩して思ってもないひどいことを言ってしまう

Q
喧嘩したときに、思ってもないひどいことを言ってしまいます。彼はやさしくて、黙ってしまいます。悪いことをしたなと後でいつも後悔します。その彼が他に好きな人ができたから、別れたいと言うんです。私はまた怒りまくってしまいました。どうしたらいいですか?


A
やはり謝ることです。そして言った後にいつも後悔していたことも話します。「天の邪鬼な自分がつい出てしまう。本当はそうじゃない、そんなの出したくないの、あなたを傷つけてしまってごめんなさい。あなたが『他の女性を好きになった』と言うのは自業自得だと思う。でも、もしまだチャンスがあるなら、私はこの天の邪鬼を治します。だから、これからの私を見てほしい」と言うことも話します。この謙虚な言い方の決断が必要です。彼は反論しない人ですね。そのような彼は、心の痛みを潜在的にためています。それがあなたと会うと、また言われるのではと浮上します。そうなると、避けたくなります。避ける心が全くあなたと違うタイプ女性Aさんに関心を持つようになります。そうしてAさんに引きつけられていくのです。だから、あなたが天の邪鬼や怒りをもう、出さなくなったことを彼が理解できれば、Aさんへの情熱は冷めてきます。しかし、あなたがさらに怒りを出せば、あなたから遠ざかっていきます。